Vanilla文庫 ドルチェな快感♥とろける乙女ノベル

  • LINEで送る
HOME

書籍詳細

  • miel_cover_fomat

誘惑・ランジェリー~服の下にはナイショの恋~

著者:浅見茉莉
イラスト:七里 慧

ISBN:978-4-596-74527-9
ページ:250
発売日:2016年11月1日
定価:本体580円+税

あらすじ

脚フェチの傲慢オトコが上司!? 外資系下着メーカーに勤める沙弥は新プロジェクトのメンバーに選ばれた。本社から上司として現れたのは御曹司で次期社長と言われている・悠吾だった。沙弥のナマ脚にこだわる悠吾は、強気な言動で沙弥を振り回す。ある日、仕事で訪れた悠吾の自宅で、沙弥は彼が選んだ下着をつけて倒錯的なHを味わわされ――!
(ヴァニラ文庫ミエル)

キャラクター紹介

heroine_VBL-77竹内沙弥

外資系下着メーカーのOL。いきなり大型プロジェクトのメンバーに選ばれ、徳永のもとで働くことに。

hero_VBL-77徳永悠吾

フランス系クォーターで、本社の御曹司。新しいプロジェクトの指揮を執るために来日。傲慢な一面で沙弥を振り回す。

試し読み

「逃げるな。触っていいんだろう?」
 ショーツの奥、徳永に触れられた辺りが熱く溶けていた。これ以上強く擦られたら、きっとショーツに蜜が染みてしまう。濡れてもあまり目立たない色だろうけれど、きっと徳永は気づく。
 もしかしたら……もう、気づいてる……?
 そうだとしたら、意地が悪い。けれど、ますます昂っている自分に気づいた。
「だめ……もうだめ……」
 後ずさった弾みに靴が脱げ、沙弥はベッドに倒れ込んだ。ストラップが落ちたブラジャーは捩れて、片方の乳房が露わになる。
 徳永は視線を沙弥の胸に据えたまま覆い被さってきて、背中のホックを外した。もうどうでもいいというか、むしろどうにかしてほしいと、沙弥は腕を浮かせてブラジャーが取り去られるに任せた。
「素晴らしいな、きみは。横たわっているのに、バストラインが保たれてる。色もきれいだ」
 ついに徳永の指が硬くなっている乳頭をつまみ、感触を楽しむように捏ねた。
「あ、ああ……っ……」
 沙弥もまた愛撫を堪能しようとしたが、すぐに徳永の指は離れてしまった。
 え……?
 眇めた目で追うと、徳永は別の下着を手にしていた。いちばんセクシーなワインレッドのブラジャーで、カップ部分がシフォンのみのシースルーになっている。おそらく下着としての用途は果たさない。観賞用だ。
 徳永はあっという間に沙弥に新しいブラジャーを装着し、透けるバストトップに目を細めた。
「ちょっ……目つきがいやらしいんですけど」
「当然だろう。こんな魅力的な姿を目にしているんだから。さあ、こっちも着替えて」
 徳永の手がショーツを引き下ろそうとし、沙弥は慌てて上から押さえ込んだ。
「じっ、自分で替えます!」
「着替えさせるのも男の楽しみだよ」
 焦っているのに腰の奥が疼いて、脚の間が緩んでいく。両足を滑り落ちていくショーツの感触に、沙弥は思わず声を上げた。
 せめてもの抵抗で、徳永に背を向けるように横たわっていた沙弥に、ワインレッドのショーツが穿かされる。尻の辺りまで上げられたところで、その形状を思い出した。限界まで布を小さくしたのではないかと思うくらい、きわどいタンガーだったのだ。しかもブラジャーと同様に前当て部分はシフォンで、穿く意味があるのかと思うような代物だ。
 尻のあわいにストリングが食い込み、シフォンが素肌に触れる。途中から広がって局部を覆うようになっているが、果たしてちゃんと隠れているのだろうかと心配になり、沙弥は腰を蠢かせた。
 紐の捻じれを整えていた徳永の手が、双丘の丸みを覆うように押し当てられ、沙弥は声を上げた。
「やっ……」
「なんて魅力的なヒップをしてるんだ。初めて見たときも、腰から脚のラインに見惚れたが、ようやくこうしてじっくり触れられる」
 会社の個室でのことを言っているのだろうが、本当に徳永はあのときからそう思っていたのだろうか。
 それなら、もう少しわかりやすい態度を取ってくれればよかったのに。そうすれば私だって……。
 もっと早く素直になれたし、一緒にいてももっと楽しく過ごせただろう。靴を買ってもらったときだって、ちゃんと喜んで礼を言えた。
 尻の丸みを揉みしだかれ、沙弥はその心地よさにうっとりとしそうになったが、媚肉が張りついては離れるような感覚にはっとした。きっと花びらが濡れているせいだろう。もうそんなに感じてしまっているのだ。
 いや、それよりも――。
「いやっ、揉まないで! 見えちゃう」
 沙弥は後ろ手に徳永の手を押し返そうとした。それでも張りついたままで、尻が大きく歪む。とても紐一本では隠せない。
「そりゃあそうだ。立ち上がって、せいぜい歩幅に開いたくらいまでしか、隠せないだろうな」
「わかってるなら広げないで!」
「やれやれ」
 徳永は沙弥の肩と腰に手をかけると、難なく身体を仰向かせた。驚きに目を瞠る沙弥に笑いかけ、沙弥がその笑顔に気を取られている隙に、全身を舐め回すように見つめる。
「きゃっ……」
 とっさに胸と股間を両手で覆うが、もはや手遅れという気もした。抜かりない徳永のことだから、沙弥を着替えさせる間にしっかりとチェックしただろう。
 沙弥だって、嫌なわけではない。むしろ見てほしいと思う。ただ、生身の身体というのは厄介なもので、それ相応の手入れが欠かせないのだ。水着などの着用前には、それこそ念入りなケアが必要になる。
 沙弥も若い女性なので、定期的に無駄毛の処理や肌のケアは行っているが、それはあくまで日常生活に対応した範囲だ。服を着ている状態で見苦しくならない程度の手入れである。
 それがいきなりこんなきわどい下着を着させられては、戸惑うのも当然だろう。毛深いほうではないが、この小さな面積にアンダーヘアを収められたかどうか自信がなかった。せっかくのセクシーな下着も、台無しになっている可能性がある。
「手をどけて」
 徳永は沙弥の耳元に唇を近づけて囁いた。吐息に耳殻を擽られ、思わず目を閉じて首を振る。
「どけて。きみが見たい」
 もう一度、噛んで含めるようにゆっくりと言われて、沙弥の手はゆるゆると身体を滑り落ちていった。

PAGETOP