書籍紹介
純な極道で何が悪い!~この溺愛はウソ?ホント?~
純な極道で何が悪い!~この溺愛はウソ?ホント?~
ISBN:978-4-596-75974-0
ページ数:290
発売日:2023年1月18日
定価:690円+税

イラストちら見せ!

  • あらすじ

    お前以外と祝言を挙げるなんて、あり得ない
    再会した憧れの人はヤクザの若頭!? 両片思いのじれじれ溺愛ロマンス♥

    義父によってチンピラに引き渡された芽依を助けてくれたのは、極道の若頭になっていた伊吹。彼のもとで身を守ってもらうことと引き換えに、芽依は期間限定で伊吹の恋人役をすることに。パーティーにエスコートされるのも見せつけるためだってわかってる……。だけど、伊吹は熱の籠もった指と唇で、芽依の気持ちと身体を甘く擽ってきてーー!?

  • キャラクター紹介
    • 伊勢崎芽依(いせざき めい)
      事務職OL。かつては有望な剣道選手だった。23歳。

    • 七坂伊吹(ななさか いぶき)
      七坂組若頭。芽依のことを想いながらも離れた過去があり……。

  • 試し読み

     ――触って……。
     疼くところ、全部。
     そんなふうに強く願っているのに、伊吹はなかなか芽依に触れようとはしない。少しかすれたような声で尋ねてくる。
    「変って、……何が」
     乳首も硬く尖っていて、そこに自分で触れまいとするだけで芽依は精一杯だった。ぎゅううっと、拳を握りしめる。
     伊吹がすぐそばにいるから、余計に身体が疼いてしまう。肌がざわめく。喉がからからに渇いていた。
    「身体が、……変なの。……たしかめ、て」
     自分が妙なことを口走っていると、頭のどこかで気づいた。だけど、他の言葉を探す余裕もない。
     また涙があふれ、目の際を伝っていく。そのとき、ベッドがギシリと軋んだ。芽依の身体が少し傾く。ベッドに伊吹が膝をついたのだ。
     芽依が身体に引っかけていた毛布やシーツが剥がされ、闇の中に伊吹の輪郭が浮かび上がる。
     ブラウスと下着だけの姿を、見下ろされている。それだけで、やけに緊張した。
     ベッドに上がってきた伊吹が芽依の腰をつかんで、軽く上げさせ、下着を脱がしてくる。大きく足を開かされ、濡れた部分が外気にさらされる気配に、芽依は息を詰めた。
    「あ」
     ――だめ、やめて……っ!
     恥ずかしさとどうにもならない羞恥に、身体がすくみあがる。
     それでも、叫びは声にならない。伊吹にそうされることを、ずっと待ち望んでいたからだ。
     濡れきった足の狭間に何か硬いものが触れ、そっとそこをなぞった。やたらと疼いていただけに、あまりの気持ちよさに声が漏れそうになった。
     軽く上下になぞられるだけで、たまらない悦楽が身体を突き抜ける。指が動くたびに、ぞく、ぞくっと、快感が掻き立てられた。その気持ちよさときたらなく、頭を真っ白にして、その刺激に溺れるしかない。
     ――もっと……。
     芽依の口からうめきが漏れた。
     もっと強くしてもらいたい。誰にも触られたことのない敏感な部分だったが、指でなぞるだけでは物足りないぐらい、そこは熱く疼いていた。触れられることで、身体の芯までざわめいてくる。
     ますます激しく指でいじられることを待ち望んでいたのに、指は不意に離れた。飢餓のようなものが満たされたばかりだっただけに、そのご馳走が奪われたのが苦しい。
     だけど、指の代わりに熱い吐息を濡れきった花弁で感じた。
    「……っあ!」
     続いて、弾力のあるぬめぬめとしたものが触れた。それが何かは、伝えられなくてもわかった。
     キスをしたことがあるからだ。
     あのとき、唇で感じたのと同じものが、今、芽依の恥ずかしいところに触れている。大胆に吸いついて、上下になぞっていく。
     強烈な禁忌感と、それを容易く上回る快感に、腰が跳ねあがった。恥ずかしい。怖い、逃げたい。
     なのに、ようやく手に入れたこの快感を手放したくない。そんな相反する感情で、芽依は動けなくなる。
    「んんっ、……あ、……ダメ……っ」
     唇がほどけ、そんな声が漏れた。ダメなんて言葉では、今の芽依の思いをまるで伝えきれない。
     その濡れた熱いものは、生き物のようなぬめぬめとした感触とともに、芽依の花弁をますます貪っていく。それに触れられるたびに、味わったことのない甘い刺激が下肢から全身を突き抜けた。
     どこにどう力を入れていいのかわからずにいた芽依の足を、伊吹は折り曲げて肩のあたりに抱えこんだ。取らされた格好のいやらしさに、つま先が丸まるほどぞくぞくと感じてしまう。
    「……ン、……ぁ、……あ、あ……っ」
     また舐められ、つかみどころのない刺激に膝が揺れた。
     気持ちよすぎるのに逃げたいのは、そんなところを舐められるのは汚い、という意識があったからだ。なのに、頭が灼き切れそうなほど興奮している。気持ちよくてたまらない。
     びくびくと身体のあちらこちらに、不自然な力が入っては抜けた。
     舐められれば舐められるほど、ますます蜜があふれてくる。それを舐め取るように、伊吹の舌は動いた。舌がうごめく感覚はひどく気持ちよくて、腰から力が抜ける。指で狭間を開かれ、余すところなく舐められるのが、恥ずかしいのに気持ちがいい。強烈な快感を受け止めるだけでやっとだった。
     忘我の時間がどれだけすぎたのかわからなくなったころ、伊吹の長い指が体内に入ってきた。
    「っぁああ! ……あ……っ」
     狼狽しながらも、その確かな感覚が気持ちよくて、ぎゅう、と渾身の力で締めつける。たかだか指一本に過ぎないのに、それはひどく存在感があった。締めつけたことで、指の太さや関節がどこにあるかまで、鮮明に感じ取ってしまう。指が入ったことで、粘膜の疼きを余計に意識した。
     今までは花弁を舐められるだけで満足していたはずなのに、今はその内側まで掻き回されたくてたまらない。
    「……ん、ん……、ん……っ」
    「ぬるぬるしてる」
     そんな伊吹の声が遠く聞こえた。探るように指を使われ、隙間なく密着した粘膜を掻き回される。ひどく濡れているから、どんなふうに動かされても痛みはない。
     それどころか、腰砕けになりそうな快感が、指があるところから全身に広がっていく。
    「っは、……ぁ、あ……っ」
     指があると、どうしても声を漏らさずにはいられなかった。
     根元まで芽依を貫いてから、指は抜けていった。だけど、すぐに同じ深さまで戻される。
     ちゅぷ、と濡れた音が、そこから次々と漏れた。指によってもたらされる快感は、花弁を舐められるものとも、そこを指先でなぞられるものとも違っていた。
     ――すごく、……気持ち……い……っ。
     一番疼いていたのは、この内側の粘膜だったことに、ようやく芽依は気づいた。指が出し入れされると、ずっとあったかゆみが少しだけ軽減される。
     伊吹の指は、芽依のそんな願望を読み取ったかのように休みなく動いた。芽依のものよりも、ずっと太くて長い指だ。
     だんだんと中がほぐれるのに合わせて、指は襞のあちらこちらに触れ、不規則な動きも混じるようになっていく。
    「っぁ、……あ、……あ……っ」
     ずっとその指の動きだけに意識を奪われていたが、そのとき、花弁の上のほうにある突起に、伊吹が顔を埋めた。ちゅっと、吸いあげられる。
    「っぁあ、……あ、あ……っ」
     その瞬間、今まで味わってきた快感を一気に凝縮したような快感が爆発した。
     ぐっと腰が持ち上がり、がくがくと揺れる。指は奥まで押しこまれたままだったから、自分で掻き立てた快感に、ますます混乱する。
    「や、……っんぁ、……そこ、……んぁ、あ……っ」
     ぎゅっと閉じた目の内側で閃光がひらめき、芽依はのけぞりながら達していた。
    「っん、……ぁ、あ! ……あ、あ、あ……っ!」
     勝手に手足が跳ね上がる。全身の硬直は少しずつ治まっていったが、余韻がすごい。
     しばらくはボーッとしたまま、息を整えることしかできない。
     だが、指を抜かれても、それで身体の疼きが治まったわけではない。
     むしろ、深くまで指を入れられて掻き回されたことで、体内の粘膜がより物欲しげにうごめくようになっている。
     ――もっと、……そこ、……ずっと掻き回してほしい。
     飢えるようにそう思ったが、さすがにそんな欲望を口にすることはできない。
     芽依はただぎゅっと目を閉じて、欲望が治まるのを待とうとした。全身が倦怠感でいっぱいなのに、指が抜けたところがひくついているのがわかる。
     やっぱりそこを何かで掻き回してもらいたくて、たまらない。
    「……は、は……っ」
     口に出さないまま、芽依は伊吹を見上げた。
     寝室内は暗いままだったが、伊吹が顔を寄せてきたから、その表情がよく見えた。
     怒っているのかと思うぐらいの真剣な表情と、鋭い眼差し。その目でにらみつけられて、自分は何か間違ってしまったのかもしれないと焦った。
     だが、伊吹はそんな芽依の頬を、てのひらで包みこんだ。熱く火照った芽依の頬に、その手は少しだけひんやりと感じられた。
     怒っているのかもしれないと思ったから芽依はすぐに目を閉じてしまったが、伊吹はそのまぶたや頬、額や鼻の横などに、唇を押しつけてきた。
     その柔らかな感覚に、身体が溶けた。心まで溶けそうになる。
     ――伊吹に触れられると、……どうしてこんなにも、どこも気持ちがいいんだろ。
     だけど、先ほど見た伊吹の表情が、まぶたに灼きついている。どこか苦しそうな、やりきれなさそうな、つらそうな表情だった。
     伊吹にとってこれは、苦行なのか、そうではないのか。
     確かめたいのに、芽依はなかなか目を開くことができない。
     まだ怒っているようににらみつけられたら、きっとまた泣いてしまうからだ。
     だけどキスはすごく甘くて、押しつけられる唇は熱くて柔らかかった。とても大切に扱われているような気がした。伊吹に大切にされているのがわかるたびに、芽依は心がほっこりするのを感じてきた。
     なのに、今は伊吹の気持ちがわからない。
     どう思われているのか。
     だけど、本物の恋人になりたい。こんなふうに身体に触れられることで、あらためてそう思う。
     薄く目を開き、伝わらない愛しさを伝えたくて、芽依のほうからすぐそばにあった伊吹の首の後ろに腕を回した。それから、その唇に芽依から唇を押しつける。
     伊吹からされるのとは違って、自分からキスをするのはとてつもなく勇気が必要だった。
     どくん、どくん、と鼓動がせりあがってくる。息苦しい。どんなタイミングで息を吸っていいのかわからない。
     伊吹の唇は柔らかくて、少し塩辛い味がした。それはどうしてなのか疑問だったが、自分が泣いているせいだと不意に気づいた。
     それでもかまわず、伊吹の唇を映画みたいにそっとついばむ。顔を寄せて、思いを告げた。
    「……つらい、……の」
     だから、伊吹に助けてほしい。
     初めてを奪ってほしい。心と身体がこんなにも直結しているとは知らなかった。伊吹と抱き合うだけで、すごく気持ちがいい。芽依がかろうじて引っかけているブラウスも脱がしてほしい。きつく抱きしめて、伊吹のものにしてほしい。
     泣きながら見上げると、強く頭を抱えこまれた。伊吹のほうから、あらためてキスをされる。
    「っ! ふぅ、ん、……ん、ん、ぁ……っ」
     今までの穏やかなものとは違う、噛みつくようなキスだった。
     そんなキスをされるとは思っていなくて、芽依は狼狽する。
     まともに呼吸ができない。キスにこんなにも種類があるとは知らなかった。舌の根までからめられ、容赦なく舌を吸われ、息ができない。何もかも奪いつくすようなキスに溺れる。
     伊吹の手が芽依の着ていたブラウスを脱がせ、胸をつかんでくる。その中心でじぃんと疼いている乳首をつまみあげられ、そこから強烈な快感が広がった。
    「っぐ、……ふ、ふ……っ」
     唇は塞がれたままだから、あえぎ声すら漏れない。くりくりと乳首を指先でもてあそばれるたびに、すごく感じた。
     ずっとそこも、疼いていたのだ。
     そのとき、もう片方の伊吹の手が芽依の足を抱えあげた。大きく足を広げさせられた後で、伊吹の熱くて硬いものが、疼く狭間にあてがわれる。
    「いいか」
     その声にこもった切実な響きに、何を要求しているのだか理解した。
     自分だけではなくて、伊吹も欲しがってくれているのが伝わってくる。避妊具のことなど何も考えられずにうなずくと、直後にぐぐっと、その先端が身体に入りこんできた。
    「っん! ……っ、……ぁああ、……あ……っ!」
     指とはまるで違う。もっと圧倒的な、存在感のあるもの。
     ――入って、……くる……!
     まだ指以外のものが入ったことのない狭い道を、伊吹の硬いものが強引に押し開いていく。痛みがあることも覚悟していたが、よっぽど濡れていたのか、それはほとんどない。
     ぬるっと滑りながら、それは大きなものを吞みこんでいく。
     ただ、違和感がすごかった。力を抜こうと、芽依は必死で大きな呼吸を繰り返す。
    「っん、……あ、……すご、……ン……っ」
     入れられているだけで、じわじわと快感が広がっていく。
     だんだんとそれが深くまで入ってくるのを感じながら、芽依は自分に覆い被さる伊吹の顔を見上げた。
     その整った男っぽい顔が、歪んでいる。どこか苦しげなのに、気持ちよさそうにも見えた。伊吹の表情から、目が離せなくなる。
     ――感じてる? 伊吹…も……。
     快感を与えているのが自分だと思うと、中がひくりとうごめいた。

  • 書籍購入はこちらから
    書籍
    • amazon
    • rakuten_books
    • ehon
    • kinokuniya
    • sevennet
    • tsutaya
    • honto
    • yodobashi
    電子書籍
    • amazon
    • rakuten_kobo
    • honto