Vanilla文庫 ドルチェな快感♥とろける乙女ノベル

  • LINEで送る
HOME

書籍詳細

  • VBL-173syoei_obi_re_s

公爵様の不埒な蜜愛計画

著者:宇奈月 香
イラスト:八千代 ハル

ISBN:978-4-596-58493-9
ページ:322
発売日:2018年10月17日
定価:本体600円+税

あらすじ

リリアーヌが結婚することになったのは、過ちで抱かれてしまった公爵・イーサン。これは彼が責任を取ってくれた結婚だと思っていた。しかし、形だけの結婚とは思えないくらいにイーサンはリリアーヌを甘やかし、時間も場所も関係なくすぐに快楽で蕩かせてくる。濃厚すぎる愛欲に満ちた蜜月だったが、イーサンには本当の想い人がいると知り……。

キャラクター紹介

heroin_face_VBL-173syoei_reリリアーヌ
男爵家令嬢。父の行いのせいで窮地に自らを差し出さなければいけなくなり……。

hero_face_VBL-173syoei_reイーサン
公爵家当主。遊び人として有名だったが、突然リリアーヌとの結婚を持ち掛けてきた。

試し読み

「リリアーヌは敏感だな」
 楽しそうな口調で囁かれるも、その間も息が肌に当たってくすぐったい。思わず首をすくめて抗った。
「いい香りだ。何の花かな」
 耳の後ろへ鼻を寄せると、おもむろに耳殻に生温かいものが触れた。
「あっ……や……ぁ」
 あの夜を思い出させる感覚に、身を捩った。
「耳は駄目か? ならば、こっちはどうだろう」
 イーサンが耳朶に口づけた。柔らかな唇に感触にぞくぞくする。
「そ……れも……」
「でもあと少しだけ。リリアーヌの耳はとても形がいい。先端が少し尖っていて可愛いよ」
 耳朶から先端までねっとりと舐め上げられる。唇で食まれると、なんとも形容しがたいむずがゆさが走った。
「イーサン様……っ、本当に耳は……」
「可愛い声だ」
「――ッ」
 鼓膜を震わす美声に、ぞくり…と快感が走った。
 身を硬くすれば、耳元でくすりと笑われる。チュッとリップ音がして、唇が離れた。
 首筋へ降りていく唇の感触がくすぐったくてたまらない。
 イーサンは唇で肌を撫でるように愛撫を施していく。時折当たる熱い息がもどかしさに拍車をかけた。
 手でイーサンを押しやろうとすると、顎に口づけられて宥められた。
「大丈夫。今夜は気持ちいいことだけさせて」
 素肌にイーサンの肌が重なる。吸い付くみたいに滑らかな質感だった。
 言いくるめられ、リリアーヌは腕の力を抜いた。
「いい子だ」
 ねぎらいのキスにしては深すぎる口づけに、息ごと搦め捕られる。口腔を堪能した舌が、ねっとりと首筋を舐めた。肩を撫でていた手がゆっくりと動き始める。
「ふぅ……ん、んっ」
 大きな手が身体を這う感触がぞくぞくする。
 夜這いを命ぜられたときは嫌でたまらなかったのに、イーサンに初めて触れたときは嫌悪感がなかった。
(なぜなのかしら……)
 イーサンが動くたびに身体の間で乳房が揺さぶられる。先頂を胸板が掠る刺激に股奥がむずむずした。
 脚をすりあわせてもどかしさをごまかしていると、イーサンが肌の上で薄笑いをした。
「――いじらしい」
 小さな声での感嘆はリリアーヌまで届かなかった。
 イーサンが手で乳房を掬い上げた。
「大きくて、すべすべしている。柔らかくて気持ちがいいよ。薄桃色の乳首も可愛い……」
 言うなり、大きな口を開けて吸いつかれた。
「あ……ッ、や……吸わない……で」
 慌てて止めるも、上目遣いで見上げられた。
「なぜ? すごく美味しいのに」
「あ……味なんて……しません」
 扇情的なまなざしにどきどきしながら弱々しく睨めつけた。
「するさ。甘くてほんのりと花の香りがする……」
「く、咥えながら喋らないで……くださいっ」
 舌が動いて、先頂に当たるのだ。ちろちろと動くか細い刺激にリリアーヌは戸惑った。
 反対側の乳首を爪の先でかりかりと引っ搔かれた。
「あぁ……ッ」
 痛くはない。けれど、たまらないのだ。
 わずかに背中が弓なりに反らせた。おのずと乳房を突き出す格好になると、今度は指で先頂の突起を転がされた。
 例えようのないゆむがゆさに子宮が疼く。
「は……ぁ、……あ、ぁ……ッ」
 嬌声がひっきりなしに唇から零れていく。止まらない喘ぎが鼓膜を震わし、それまたリリアーヌ自身を煽った。
 身体の内側から火照る熱で、全身が汗ばんでいる。
 秘部も恥ずかしいくらいひくついていた。

PAGETOP