Vanilla文庫 ドルチェな快感♥とろける乙女ノベル

  • LINEで送る
HOME

新刊

10月17日発売

web_vbl212_cover

人嫌い殿下の最愛の花嫁~そのお告げは溺愛の予兆でした~

著者:ちろりん
イラスト:白崎 小夜

「王太子グウェインが大切な人を亡くすのを阻止しろ」というお告げを受け彼に近付いたエマ。最初は人間不信に陥っていた彼に警戒されていたが、エマの真摯な優しさに徐々に心を開いてくれ、エマもグウェインの誠実さに惹かれていく。「この昂ぶりを鎮められるのはお前以外にいない」何者かに媚薬を盛られたグウェインは抑えていた欲望が暴走して!?

10月3日発売

web_vbl210_cover-obi

元カレCEOと子づくり婚!?~想定外の愛され同棲~

著者:玉紀 直
イラスト:炎 かりよ

「俺の子どもを産んでくれ」元カレが突然私と子づくりしたいって言ってきた!? ある条件と引き換えにOKしたのは、本当は彼のことがまだ好きだったから。甘く優しい愛撫を繰り返される毎日で、とろとろの蜜甘同棲。彼も私に気持ちがあるって錯覚してしまいそう…。だけど、CEOである彼にはやっぱり私よりもふさわしい女性がいて――!?(ヴァニラ文庫ミエル)

10月3日発売

web_vbl211_cover-obi

不器用な貴公子の難解な寵愛

著者:如月
イラスト:すがはら りゅう

救貧院出身だが、公爵令息で貴族探偵でもあるアーサーの秘書に採用されたキャロライン。皮肉屋な彼に振り回されるばかりだったが、アーサーはキャロラインを気に入り、触れたりキスをしかけたりしてくる。「力は入れないで、僕にゆだねてくれ」真摯に告白され、情熱的に抱かれて幸せを感じた夜。アーサーはキャロラインの出自に疑問を感じ始めて!?

ニュース&トピックス

PAGETOP