Vanilla文庫 ドルチェな快感♥とろける乙女ノベル

  • LINEで送る
HOME

書籍詳細

  • 9784596745200

箱庭の初恋

著者:北山すずな
イラスト:坂本あきら

ISBN:978-4-596-74520-0
ページ:290
発売日:2016年8月17日
定価:本体390円+税

あらすじ

公女ヘレナは乱心した国王に、長い間城内で幽閉されていた。美しく成長した彼女は王の妃になることを拒み、王の代わりにある寵臣と初夜を迎えることに。その相手とは、ヘレナの信頼を裏切り、弟を手にかけた憎むべき男ユーリだった――。「貴女に選択肢はない」彼に組み伏せられ、暴かれていく身体。冷たい言葉とは裏腹にその手つきは優しくて、ヘレナは戸惑いながらも反応してしまい……!?

キャラクター紹介

heroine_VBL70ヘレナ

フリント公爵家の令嬢。弟想いで気丈な少女。

hero_VBL70ユーリ

王の寵臣。自分に厳しく規律を重んじる性格。

試し読み

「あなたなんか最低!」
「それで気がすむなら、いくらでも言えばいい」
 そう言いながらも聞くに堪えなかったのか、ユーリは三度ヘレナの口を封じた。
 足掻いたために彼女の夜着はほとんど脱げてしまい、金色の髪はベッドに広がり乱れていた。口を塞がれ、ヘレナはユーリの胸をげんこつで叩いたが、胸板はびくとも動かない。
 そして、彼の衣だけは乱れていないし、飾り帯も肩から腰へと優美な曲線を描いている。彼には人間の心はもうないのだ。
「ん……く、む……!」
 捉われた口の中で悪魔と叫ぶと、彼は噛みつくように、さらに深くヘレナを食んだ。
 かたや、長い指は彼女の奥までは入らず、谷の入り口でもぞもぞと動いている。
 気持悪い、やめてほしい。
 ぴたりと胸を合わされ、動きを封じられている中で抗って腰をよじったが、逃げられない。
 ユーリの指が秘所の花びらをつつっと撫でた。
「……んっ」
 びくん、と体が痙攣した。
 頭が痺れる感覚に見舞われ、体の奥が熱くなる。
「ん、……ゃ、うぅ」
 次第に彼の指の滑りがよくなってきた。
 花蕾を指先で捏ね回された時、ヘレナの瞼に火花が散り、体が弓なりに反りかえった。大きな波にさらわれるような感覚に我を失う。
 王が見ていることも、憎い男に凌辱されようとしていることも一瞬頭から消えた。
 別の生き物のように、ヘレナの意に反して体がびくびくと震える。
 足の間に温かいものが溢れてきた。
『憎い男が相手でも達するのじゃな、女とは恐ろしいものよ』
「ですが、まだ――」
『わかっておる』
 ユーリはどんな命を受けたのか、ぐったりと力尽きたヘレナの下腹部に顔を埋めた。
「……ぁ、いや」
 おぞましさを感じたが、彼女の体は疲労困憊して微塵も動かせなかった。
 彼はどんな施術を行ったのか、心ばかりが憎いと思っても、指一本、自分の思うようにならないのだ。
 熱い息があわいにかかる。
 次に、濡れた舌が入ってきた。
「ふ……ぁああ」
 痛みはなく、ヘレナの隘路はたやすく彼の舌を受け入れた。
 ぞわりと背筋が粟立つと同時に、味わったことのない感覚が下肢の中心に広がる。
 ぬるぬると、それはヘレナの内部をしごき始めた。
 肉襞を擦られ、子宮がギュッと収縮するのを感じた。
「あ、……、ううん、やめ――っ」
 ユーリの舌は蜜壺を丹念に広げるようにうごめいたかと思うと、胎内から出ていき、敏感な粒をれろれろと弄ぶ。
 そのたびにびくびくと体をのけ反らせ、鼻にかかった甘えた声をあげてしまう。
 感じてなんかないのに、悦んではいけないのに――。
「ひっ、ああぁ――!」
 ピチョピチョという淫靡な音は、垂れ幕の向こうの王の耳にまで届きそうだ。
 ヘレナの内腿はもうびしょ濡れになっていた。
 尻の下で皺くちゃになっている夜着も濡れて冷たい。
「ん、ぁ、ああ、や、もう、やああ」
『随分楽しんでおるようだな、そろそろか』
「はい。成し遂げてみせます」
 体の中を何度も嵐が吹き抜け、屍のようになったヘレナを、さらなる屈辱が襲う。
「や……、それだけはいや! わたしを殺して……、汚さないで殺して!」
「陛下の命令しか聞けない」
 ユーリは非情な声で答え、力ないヘレナの膝裏を掴んだ。
 ゆっくりと開く。
 ――お母さま……! それでも生きなくてはだめなの?
 ヘレナの目から涙が溢れた。
 どんなに惨めでも――。
 足の間が無防備に曝され、そこに何かがあてがわれた。
「少し我慢するんだ。そうすれば早く終わる」
 ぴくりと体を硬直させたヘレナの体をそっと抱き、ユーリが耳元で言った。
「俺のいうとおりに――力を抜いて」
 いつもの憎らしいほど冷徹なユーリとは違い、その声には温もりを感じて、ヘレナは素直にふと肩の力を抜いた。
「――そう、いい子だ」
 その声音に、ヘレナはふと懐かしさを感じた。
 人間らしい情のある、温かい少年だった時のユーリの声だ。
 彼女は驚いて彼を見上げた。
思いがけないやさしい口づけがおりてくる。
 ――いったいこれは誰なの?
 ついばむように軽いキスをし、ゆっくりと唇を触れ合わせ、それから愛おしむかのような丁寧な口づけ。
 彼の大きな手がヘレナの頬に触れた。
 指先で涙を拭い、乱れた髪を静かに撫でつける。
 まるで子供をあやすように抱きしめ、頭を撫でて――十年前のあの日のよう。
 溺れたヘレナを裸で温めてくれたユーリ。
 やさしいユーリ。
 あの時の彼は正しかった。
 王の行いを咎める正義感を持っていた。
 貧しい人々に仕事を与え、弱い者を保護すると、目を輝かせていたあの少年は……。
 もしかしたら、今もユーリの中に生きていて、王の権力を借りて、秘かに夢をかなえているのではないだろうか。
 ――あなたはあの時のユーリなの……?
 人情のある、弱い者にやさしい美しいユーリは、今も変わっていない?
 もしそうなら、彼は非道はしない。
 ヘレナを傷つけたりしない。
 信じてもいいの――?

PAGETOP