Vanilla文庫 ドルチェな快感♥とろける乙女ノベル

  • LINEで送る
HOME

書籍詳細

  • vanilla120-[Aoba]image

蜜恋エロティック・クルーズ~貴公子は溺れるほどの愛を囁く~

著者:青葉ミカ
イラスト:壱也
原作:シャロン・ケンドリック

ISBN:978-4-596-58099-3
ページ:290
発売日:2017年10月3日
定価:本体590円+税

あらすじ

「認めろ、俺に触れられて感じていると」侯爵家のエドワードとの婚約が決まったアンリだが、彼は社交界でも悪い噂の絶えない人物。成り行きで停泊していた船に乗り込み家出してしまうが、そんな彼女を船主のエディは呆れながらも受け入れる。粗野なようでいて、どこか気品のあるエディに惹かれていくアンリ。だけど、この関係には未来がなくて!?

キャラクター紹介

heroine_VBL120アンリ

伯爵令嬢。おとなしく控えめな性格だが、心の奥底には冒険心を秘めている。

hero_VBL120エディ

裕福な貿易商。粗野な雰囲気をまといつつも、どこか気品の漂う美丈夫。

試し読み

「こんなにすぐ乳首を勃たせるなんて、随分と感じやすいんだな」 
「やっ……」
 摘んで押しつぶすようにしたり、捻りあげるようにして指先で執拗にそこばかり攻められていると、次第に感覚が研ぎ澄まされていって、ジンジンと鈍い疼きが広がってくる。
 痛いのにもっと痛くして欲しいような気持ちになって、恥ずかしさのあまりアンリは顔を背けた。
「赤く色づいて、震えながら食べて欲しいって誘ってる……」
 言うなり、エディはその尖りにそろりと舌を這わせた。唾液に濡れた熱い口腔内へ導かれて、その強すぎる刺激に身を捩る。
「やぁ……っ、んっ、やめ、……っあぁ」
 恥ずかしいのに気持ちいい。
 腰の奥が痺れたように重怠くて、ずくずくと疼いていた。懸命に歯を食いしばっていないといやらしい声が漏れてしまいそうになる。
 エディの蠢く舌が気の遠くなるほど何度も何度も乳首を舐め上げては転がし、アンリを追い詰めた。喘ぎを堪えても、甘い痺れが背筋を伝い四肢にまで広がってゆく。
 張りのある乳房を揉みしだかれ、時折りわざと歯を当てられると、もうだめだった。
「やめて……ああ、それ……ダメ……っ、だめ、なの……」
 初めて知る快感に、勝手に膝が震えだす。
「あ、あ、あ……あぁんんっ……」
 気の遠くなるほどに乳首を舐められ、弄られていると、何故か下肢の中心が熱くなってきて、アンリは湧き上がってくる快感を抑え込もうと腿を擦り合わせた。
(どうして私、こんな……)
「ああっ……んんっ、……ふぁ……」
 甘ったるい自分の声に耳を塞ぎたくなる。
 押さえ込まれて逃れられないとわかってはいても、強すぎる快感から開放されたくてアンリは仰け反りました。
 けれどそのせいでかえって胸を突き出すことになり、エディに好きなように舐めしゃぶられてしまう。
「いやぁ、ダメ、吸っちゃ……ぁ」
 翻弄されるまま、アンリは無意識のうちに腰を揺らめかせていた。
 宥めるようにエディの大きな手が腰を撫で、ゆっくりした動きで太腿へと滑っていく。
 触れるか触れないかギリギリの繊細なタッチで内腿を撫でられると、肌が粟立つような心地良さに見舞われた。
「……っ、ダメっ、待って……や、やぁ……っ、そんな……っ、とこ……だめぇっ」
 エディの手が脚の付け根に触れる。誰にも触れさせてはならないそこを彼の骨太な指が掠めると、じわりとその奥から蜜が溢れだすのを感じた。
 嫌だ、はしたないと思っても、エディにふっくらとした媚肉を探られ、そのクレヴァス
を何度もなぞられるうちに、愛蜜はとめどなく溢れてきてしまう。
 アンリは恥ずかしさのあまり卒倒してしまうかと思った。
「ちゃんと濡れてるな」
 耳元でエディが囁く。
「あ、ああぁっ……やぁ……っ」
 閉じた媚肉のあわいを割り開くようにして、エディの指がアンリの花芯を擦り上げる。
「ひっ……」
 エディが指の腹でやわやわと肉芽を弄ると、身体の奥が熱くなって、淫蜜が後から後から溢れ出し、彼の指を濡らしてゆく。
「清純な貴族のお嬢さんだとばかり思っていたが、随分と快楽には貪欲なんだな」
 揶揄うような口ぶりに、恥ずかしくてどうにかなってしまいそうだった。今すぐに逃げ出したいと思うのに、身体に力が入らない。
「う……ちがっ、私……そんなんじゃ……っ……あぁ……」
 濡れた秘裂をなぞられるたびに身体の奥が熱く疼いて、誘うように腰が動いてしまう。
「でも気持ちいいんだろ? さっきからそうやって腰をくねらせて、もっとして欲しいって強請ってるようにしか見えないんだが」
 ほら、とエディが指を動かすと、触れられたそこからくちゅりと濡れた音が聞こえた。
「もっ……や、なのぉ……っ、あ、ああっ……、やめ……」
 アンリの眦に涙が浮かんだ。肉芽を小刻みに嬲られると、期待するようにヒクヒクと蜜口が震えてしまう。
 身体の中を突き抜けていくような快感に抗うことなど、未だ穢れを知らぬアンリにできるはずもない。
「ああぁっ!」
 エディの手がアンリの膝の裏に回されて、大きく脚を割り開かれた。
そのまま身体を二つ折りにするように抱え上げられて、エディの眼前にアンリの濡れそぼった秘所が晒されてしまい……。
「ほら、ここ……濡れて光ってる」
 言いながら、エディはゆっくりと節くれだった長い指をアンリの蜜孔へと沈めていく。
「あああっ、……うっ、や、……やめ……っ」
 弱々しく訴えても止まるはずもなく、アンリは自分でも触れたことのない身体の内側をエディによって暴かれてしまった。
「あぅう……っ!」
 濡襞をかき分け、そこを押し広げるような動きでエディの指が出入りする。
「すごいな……こんなに濡れてるのに、掻き回すとまだまだ溢れてくる」
「んんっ、……んぁっ……あ、ああっ」
 執拗に内部をかき回されて声が抑えられない。脚を閉じたくてもままならず、自分を苛む指から逃れようとすればするほど淫らに腰を振ってしまう。
その姿がいっそうエディの情欲を煽っていき――。
「もの欲しげに指に吸いついて……アンリのここは男を誘うやり方を知っているんだな。いやらしいお嬢さんだ」
「や……んなこと、ぁ……言わな……でぇ……っ」
 男を誘っているだなどと言われて、アンリの頭の中が真っ白になる。男を誘うどころか、今まさにエディの指によってアンリは完全な純潔ではなくなってしまったというのに。
 エディは巧みな指先で濡襞を押し開くように動かしながら、溢れて来た媚蜜を親指の先で花芯に塗り付けた。
「ひゃ……ぁ、ああぁんっ!」
 身体の中心を貫くような強い快感がアンリを襲う。ほんの少し触れられただけなのに、胎内をかき回すエディの指に震える淫唇が舐めしゃぶるように吸いついた。
「あぁ、あぁ、あ……ああぁんっ……っ」
 激しすぎる快感に息が上がる。
 けれどそんなアンリの様子を知ってか知らずか、エディはぷっくりと膨れた肉芽に何度も蜜を絡めて扱きながら、内壁を開く指を二本に増やし、いっそう激しく攻め立てた。
「やぁっ、や、……もっ、んんぅっ……」
 ぐちゅぐちゅと卑猥な水音が響く。隘路を押し進む指先はばらばらに動いて、柔襞を捏ね回す。
 花芯を弄りながら抜き差しされると、もう喘ぎを堪えることができないというのに、エディはその吐息を奪うようにアンリにくちづけてきた。
「ふぅ……っ、う、んんぅっ」
 籠る熱を喘いで逃すこともできずに、苦しくてアンリの瞳に涙が滲む。身体が自分の物ではないかのようにガクガク震え出し、止めることができない。
(……怖い……私の身体、どうなってしまうの?)
「ずいぶん感じているみたいだな。これならそろそろ俺を受け入れられそうだ」
 エディはそう言うと、ずるりとその指を引き抜いた。
「あぁ……っ!」
 柔襞をみっちりと埋め尽くしていた指が去ると、もの欲しげに淫唇が蠢く。そこは早く中を満たして欲しいと言わんばかりにひくついて、新たな蜜を溢れさせていた。

PAGETOP