Vanilla文庫 ドルチェな快感♥とろける乙女ノベル

  • LINEで送る
HOME

書籍詳細

  • 9784596580511

隠秘の恋~王女は騎士の甘い嘘に乱れる~

著者:寒竹泉美
イラスト:篁 ふみ
原作:ミシェル・リード

ISBN:978-4-596-58051-1
ページ:290
発売日:2017年6月2日
定価:本体590円+税

あらすじ

母を亡くし天涯孤独となったエミーアは、母の遺言通り国王に会いに行く途中、騎士アドニスに出会い心奪われる。王になかなか会うことができず、アドニスの部屋に匿われるエミーア。「君は何も知らないんだな」初めての甘い快楽を与えられ、さらに彼への想いが募る。そんな時、実は自分が国王の娘と知りアドニスと結ばれない運命に苦しむが……?

キャラクター紹介

heroine_VBL101エミーア

純朴な田舎育ちだが、実は国王の娘。心優しく、無垢でまっすぐな性格。

hero_VBL101アドニス

眉目秀麗な王宮騎士。孤児院の前に倒れていたところをレイナス国の王に助けられたが、それ以前の記憶を失っており……。

試し読み

「だめっ……こんなところで」
「ここには誰も来ない」
「でも……もし来たら……」
 エミーアは口ではそう言ったが、もう周りを気にしている余裕がなかった。
「きっと、ここもなめてほしくなっているはずだ」
 つんっと突起を弾かれる。
「やっ……そんなこと……ない」
 エミーアがのけぞった次の瞬間にはアドニスのくちびるが挟んでいた。
「や……ああっ……」
 舌で蹂躙されてエミーアは悶えた。してほしいと望んでいたはずなのに、刺激が強すぎて、怖くなる。
「他にも触ってほしいところがあるだろう?」
 エミーアは、首を振った。
「そんなの……ないわ」
「素直になるまで待とう」
 再びアドニスのくちびるがエミーアの乳房の先端をついばんだ。反対のつぼみは指でこりこりと転がされる。
「……やだっ……はあっ」
 体中が熱くなってくる。ビクビクと震える。体の中心に欲望がたまっていく。アドニスに触れてほしい。もどかしくてたまらない。
「やあっ……あっ」
 舌で責められてエミーアの体は跳ねた。もう何も考えられなくなる。次々としびれが襲ってくる。
 そんなエミーアのなまめかしい姿をアドニスは食い入るように見つめた。
(……この姿を誰にも見せたくない)
 ドレスに身を包んだまま、荒れた庭園で悶えているエミーアの姿は、美しかった。聖と俗がこの細い体に同居している。
 自分がどんな恐ろしいことをしているのか、アドニスはわかっていた。それでも止められなかった。
「……触って」
 エミーアがささやいた。
「ドレスの中だね」
 エミーアが小さくうなずく。その様子がいとおしすぎて、アドニスは理性を保つために深呼吸をした。
 ドレスの裾をまくりあげ、下着を下ろすと、エミーアの濡れてやわらかく震える花びらに指でそっと触れた。
「溶けている」
 少し触れただけで、エミーアは体を震わせてアドニスに寄りかかった。
 とぷんと指先をエミーアの中に沈める。それからゆっくりと動かし始める。エミーアの可愛い悲鳴が、アドニスの指で奏でられる。
「……んっ」
 エミーアはうなずいて、アドニスにしがみついた。
「……あっ……やああっ」
 エミーアはアドニスの腕の中で鋭く体を震わせて越えた。それでもアドニスは可愛がるのをやめようとしなかった。
 エミーアは、いやいやと首を振って、熱に浮かされたようにアドニスの服を握った。
「わたし……変なの。アドニスに触られたら変になるの」
 アドニスはエミーアにキスをする。もう何も考えられないように言葉も一緒に食べてしまう。
(それは、俺が君を愛しているからだ)
 アドニスは心の中で応える。エミーアが他の男のところに嫁いでも構わないなんて嘘だった。他の男がエミーアの可愛い顔を見つめて、くちびるに口づけて、白い肌に触れるなんて、想像しただけで死んでしまいたくなる。
(どうして君は王女なんだ。どうして俺は王族じゃないんだ)
「……ああっ……やっ……ねえ、何か怖い……死んじゃう」
「大丈夫だ。エミーア。俺がついている。怖くないよ。そこを越えるともっと気持ちよくなるんだ。力を抜いて任せてごらん」
「ああっ……はあっ……」
 腕の中のエミーアは、気持ちよさそうに体を震わせている。体力の限界まで、何度でも達(い)かせたかった。エミーアの体が他のものでは満足できなくなればいい。
 熟れきった花びらがはらはらと落ちるようにエミーアは今までで一番深く達した。
 アドニスは自分の上着をベンチに置いてエミーアを座らせると自分の胸に引き寄せてゆっくりと抱きしめた。遠目には、アドニスの姿はわかっても、抱きしめられている女性が誰かはわからないだろう。
 エミーアの髪に顔をうずめる。
(このまま時が止まればいいのに)
 アドニスは泣きたくなるくらい切実な思いで、そう願った。

PAGETOP